ページトップへ

「不妊の」鍼灸治療/心と身体、お腹をぽっかぽか元気に

東洋医学的な見地からの根本治療
~鍼灸で心と身体、卵巣や子宮の機能を整えて妊娠しやすい身体作りをサポート

不妊の鍼灸治療は、心と身体全体を診て、そのアンバランスを整えて体質改善の治療を行うことで、子宮や卵巣の機能を改善していくという心と身体に優しい治療法です。

東洋医学的な見地からの根本治療

東洋医学(中医学)の場合、仮に西洋医学で病名がつかなかった(原因不明)としても、それぞれの症状に対して証(中国医学での病名)を付けることができ、東洋医学的な見地から治療を行って身体と心を整えていきます。

月経周期や基礎体温の安定、冷え性の改善、卵子の質や子宮内膜を整える、採卵、移植に向けての治療、不妊治療による心身のストレス改善…など、鍼灸治療でサポートできることはたくさんあります。

当院には患者様と共に築いた豊富な不妊治療の実績、経験があります。お気軽にご相談ください。その他実際の治療内容は、治療の流れページをご覧下さい。

治療の進め方と通院頻度

定期的、継続的な治療が重要です

通院については、一つの指標として、1~2週間に1度の頻度で通院をしていただければと思っております。心身を整える上で大事なことは継続です。

東洋医学的な見地から考えれば、一般的に慢性的な悩みであればあるほど、すぐに症状が改善される、劇的な結果が出るということは難しいと言えます。
 
「焦らず、慌てず、諦めず」の精神で、じっくりと体調・体質を改善をしていく必要があります。

※様々な事情で定期的・継続的な来院が難しい場合は・・・
まずはお気軽にご相談ください。例えば、1カ月に一度の通院や採卵前後、移植前後など重要なポイントでの治療を行い、それ以外はご自宅でできるケア(お灸や食養生、アロマなど)を行ってもらう…など、皆様が通える範囲でできることを提案させて頂きます。

急がば回れ・・・継続治療が『妊娠・出産』への近道

そのためには、例えば西洋医学的な治療の前に補助的な役割として、単発的、断続的に鍼灸治療を受けるのではなく、じっくりと定期的に通院することが大切です。

後者のペース(定期的)で治療を継続している方が「妊娠」に至っていることは言うまでもありません。

症状改善までの時間

症状改善までの時間には個人差があります

治療期間については、それぞれの症状の深さのレベルによって変わってきます。また、症状の慢性度、精神的・肉体的なストレスの強度なども関連します。

よって、個々人によってその「妊娠」「出産」という赤ちゃんとの出逢いまでに必要な治療期間や回数は異なってきます。2年以上根気強く通われて「妊娠・出産」に至った方も少なくありません。

不安、ストレス・・・それぞれに寄り添う治療を

その出会いまで、「焦らず、慌てず、諦めず」にゆったりと笑顔で過ごしてあげる、また、心身を整えるために定期的な鍼灸治療を受けることが大切です。

時にイライラしたり、思い悩んだりしながらも、笑顔で赤ちゃんを待ってあげる期間にじっくりと寄り添っていくのも我々鍼灸師の役割です。

東洋(中国)医学的な「不妊治療」の概要

東洋(中国)医学の不妊治療とは

東洋医学(中国医学)では、女性の場合の「不妊」は「不孕」(ふよう)と呼び、その原因については、代表的なもので数種類あります。

「腎虚」(じんきょ)、「気血両虚」(きけつりょうきょ)、「肝気欝結」(かんきうっけつ)、「痰湿」(たんしつ)、「血瘀」(けつお)、「陰虚血熱」(いんきょけつねつ)などの
証(病名)が挙げられます。

ストレス、エネルギー不足など様々な要因が卵巣や子宮に影響

聞きなれない言葉ばかりだと思いますが、簡単に説明すると、根本的なエネルギー不足、身体自体や生殖器に滞ったり・発生する不要物、精神的なストレスなどが「不妊」の要因になっているということです。

それらの要因によって子宮や卵巣の働きが悪くなり、「不妊」という状態を招くのです。これらの不調の要因を取り除いていくのが東洋医学(鍼灸治療)における「不妊」治療です。

子宮、卵巣だけでなく、心と身体全体をケア

そして、上記で述べた東洋医学的な治療アプローチと共に、もう一つ我々がとても大事だと思っている東洋医学的な「不妊治療」のアプローチについて書かせて頂きます。

それは、東洋医学における「不妊」治療は、「生殖機能」にすべての注意を傾ける医療であってはならないということです。

西洋医学における「不妊」治療が「生殖機能」を中心とした医療であるとすれば、東洋医学的な「不妊」治療はその人、個人を診て、その方全体の「心と身体」に思いを傾ける医療だと考えています。

病の全体を診て、全身に心を配る、それこそが現代の「不妊治療」の中で東洋医学の果たす役割ではないかと切に思っています。

鍼灸で心と身体、お腹をぽっかぽか元気にして「その時」を待ちましょう。

心と身体を元気に

上記の述べた東洋医学的な「不妊」治療は、 身体全体と心の機能が鍼灸治療の手助けを受けることで、自然にゆったりとそのバランスを取り戻していくものです。 その結果、子宮や卵巣機能が改善していくのです。

「子宮」や「卵巣」(女性の場合)だけが一人歩きして「元気」になっていくものではありません。

患者様の心と身体をほぐし、まずは自分の身体や心を大事にする気持ちを治療者と患者様が お互いに共有し、ゆったりとその時が来るのを待ってあげる、それが東洋医学に求められる「不妊治療」ではないかと私たちは思っています。