ページトップへ
ホーム > 予約方法・個別相談会

予約方法・個別相談会

新規予約受付について

お電話にてご予約ください。

現在の健康状態をお声を通して知るために、また直接お話をして確実にご予約をお受けする
ためにも、新規の予約はお電話のみの受付とさせていただきます。

メールや留守番電話での予約受付は行っておりません。
尚、聴覚に「障がい」をお持ちの方は、お問い合せフォームからの予約も受け付けています。

ご予約について

なるべくお早めのご予約をお願いします。

下記の理由により、新規ご予約をすぐにお取りすることが できない場合があります。

ご希望の日程等がある場合はお早めにご予約ください。 お電話にてお気軽にご相談ください。

  • 現在、当治療室に通院なさっている方々は慢性的な症状改善のため継続治療を受けられています。そのため、新規の患者様の受付は、継続治療をお受けになっている患者様の治療に空きがある場合(症状が改善して治療間隔が長くなったなど)にご予約をお取りしています。

  • 患者様としっかりと向き合い、心身ともに安心して頂ける医療と治療を提供することが、 当治療室の根本的な治療方針です。よって、一日に治療をお受けできる患者様の数は限られております 。

希望の鍼灸師がある場合はお知らせください。

当治療室では、原則的に初診の際に治療を行った鍼灸師が、継続的に治療を担当させて
頂きます(担当制)。

治療を希望する鍼灸師の氏名や「このような先生が良い」という具体的な希望や要望がある場合は、ご予約の際にお知らせください。

ご予約前に下記ページをお読みください。

治療を受ける前に、ホームページ内にある下記ページなどをお読み頂き、当治療室について知って
頂ければと思います。

どのような治療院か、どのような鍼灸治療をするかを事前に知ることで、より安心して来院でき、
治療を受けることができます。

その他、興味のあるページもお時間のある時にご拝読ください。

急なキャンセル・変更はご遠慮ください。

当治療室は完全予約制となっています。他の患者様のご迷惑をお掛けすることになりますので、急なキャンセルや無断キャンセルはご遠慮ください。悪質な行為に関しては治療をお断りさせて頂きます。

予約の変更・キャンセルの取り決めについては、下記項目の『予約の変更等について』をお読みください。

鍼灸個別相談会

鍼灸個別相談会

予約をする前にもう少し当治療室や鍼灸治療のことを知りたいという方は鍼灸個別相談も受付けております。お気軽にご参加ください。

学生の方の体験治療について

鍼灸専門学校の学生等で当治療室にて治療を「体験」なさりたい場合、実際にお困りの方を優先させて頂いておりますので、必ずその旨をお知らせください。

予約の変更等について

当治療室は予約制の鍼灸治療室です。「じっくりと皆様と向き合うため」に基本的に複数の患者様を同時に治療することは行っておりません。ご予約して頂いたお時間はその方のために取っております。

急な予約の変更や取り止めをなさった場合、その時間が空いてしまいます。また、その時間に予約が取れたであろう他の患者様にご迷惑をお掛けすることになります。

そのため、大変申し訳ございませんが、以下の取り決めをさせて頂きます。マナーを守った対応を心よりお願いいたします。ご理解頂ければ幸いです。

  • ご予約の変更や取り止めは、お分かり次第お早めにお電話にてご連絡ください。メールによるご連絡は受け付けておりません。

  • 度重なる変更・キャンセルについては当日のみのご予約受付とさせて頂きます。

  • 特別な理由がなく、ご連絡がないまま治療に来られなかった方、悪質なキャンセル行為につきましては、次回の治療はお断りさせて頂きます。

相談会~鍼灸治療についての個別相談会

鍼灸治療についての個別相談会

当治療室での鍼灸治療に興味を持たれている方や治療を受けたいと思われている方で、治療の予約をする前に事前にお話を聞きたいという方への個別相談会です。

当治療室が行う鍼灸治療(小児の治療も含む)や方針、また院内の雰囲気についてわかりやすくご説明し、皆様の疑問にお答えします。時間は約30分程となります。

お子様連れやご夫婦などご家族での申し込みも可能です。費用は無料ですが予約が必要となります。

個別相談会はお電話にてご予約ください。
TEL:045-320-2277(パクス・テルレーナ治療室まで)

  • この相談会はお悩みの症状に関する鍼灸治療についての一般的な説明です。実際に治療を行ったり、自宅で行うお灸のツボを決めるには、しっかりとお身体の状態を拝見した上で行う必要がありますので、この相談会でお答えすることはできません。

  • この相談会は一般の患者様向けですので、鍼灸師の方や鍼灸の学生の方はご遠慮ください。